FC2ブログ

3919.jpgクロバネツリアブLigyra tantalus。茨城にて。

砂浜でよく見かける。春先に現れる、毛玉のように愛らしいビロウドツリアブの親戚筋だが、外見は何の変哲もないただのハエ。「ビロウドツリアブは、長い口を釣竿に見立てて名づけられた」などと書かれている文献がある。執筆者は、クロバネツリアブをはじめ日本の大半種のツリアブ達に百ぺん土下座して謝るべきである。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3289-fdb771d3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する