FC2ブログ

4033.jpgオオフタホシマグソコガネAphodius elegans。長崎にて。

大型の糞転がしで、牛馬の糞に強く依存するため牧場でしか通常見かけない。分布域自体は北海道から南西諸島まで広域に及ぶものの、各地で牧場が減っている昨今この虫の生息も安泰ではなくなってきている。
例えば奄美大島は恐らく国内では本種の南限に近い生息域だが、ここでは最近牧場が島内全域からほぼなくなったらしい。同地には糞の供給源たりえる代わりの大型野生動物もいないので、絶滅の見通しが極めて高い。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3395-9422af0e

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する