FC2ブログ

4058.jpgオオミノガEumeta japonica。茨城にて。

外来の寄生バエによる影響で、近年全国的に激減した。ごく最近では局所的に復活の兆しを見せているが、少し数が増えるとすぐハエが嗅ぎつけて襲来し、そこの個体群を徹底的に潰してしまうため、安定して観察できる場所が日本のどこにもなくなってしまった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3426-45b5c7d5

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2020.01.12/11:26
数多く枝にぶら下がっているように見える場所ほど、大半の個体が寄生されてしまっているようです。むしろ単体でいる個体は無事な場合が多いですね。
-|2020.01.12/22:32
ご返信ありがとうございます。
ご教授有難うございます。
富士山トンボ池の会|2020.01.13/12:41

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する