FC2ブログ

お知らせ

2020年1月10日より、NHKラジオ第2「カルチャーラジオ 科学と人間」枠にて、「虫たちの不思議な世界」が始まります。
毎週金曜午後8時30分から、全12回にてお送り致します。何卒よろしくお願いいたします。

https://www4.nhk.or.jp/P3065/

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3429-52b5945b

ご案内、ありがとうございます。とても楽しみにしています。
kiokuima|2019.12.28/11:44
お手すきの際に、ぜひお聴き頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。
-|2019.12.29/08:59
第3回を聞きました。熱がこもっていて、感動を覚えました。「メクラチビゴミムシの和名について、人権に配慮した解説」「石灰岩の採掘も大切であることを踏まえての自然観」・・印象に残りました。とってもよかったです。
kiokuima|2020.01.24/21:28
ありがとうございます。お恥ずかしい限りです...
-|2020.01.25/15:28
とてもたのしみにきかせていただいてます。中味も濃く、オチもつけ、決め台詞もきまり、話術のスキルがますますアップしたなと感心しています。波の連載も拝見しています。ご活躍を!
佐藤美恵子|2020.02.19/10:15
ありがとうございます。うれしいです!
-|2020.02.19/21:47
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2020.02.20/00:09
誠にありがとうございます。そう申していただけると嬉しいです。つきましては、身の回りにいるいろんな生き物のことを、ご自身の周りの一人でも多くの人々に教えてあげてください。私の究極的な望みは、日常的に会話の中で生き物の面白さ、美しさが話題になる世の中になることですので。
あと、フサヒゲサシガメを見たら教えてください。
-|2020.02.21/09:29
素敵な講演ありがとうございます
何気なく聞いたこのラジオで、子供の頃に虫取りが大好きだったのを思い出し、更に小松先生の著作を読んで大ファンになりました。
次作および毎週のラジオを心より楽しみにしております。
どうぞお体に気をつけてお過ごし下さい。
inoue|2020.02.21/10:15
ありがとうございます。本まで読んでいただいて、著者冥利に尽きます。今後ともよろしくお願いいたします。
-|2020.02.21/22:03
カミさんもファンに
今回の「クモ この知的な虫」を聞きました。ボクが聴いていると,一緒に聴いているカミさんがなんども大笑いして,「この先生,楽しいね」と喜んでいます。「小松先生はボクたちよりも30才もお若いのにすごい方だねえ」と二人で感動しています。ボクは「ハチ」の話がお気に入りです。昨年,カミさんがジガバチがモンシロチョウの幼虫をジガジガ騒ぎながら穴に引き釣りこむところを動画で撮って,なんども見て楽しみました。コアシナガバチやキボシアシナガバチなどを飼っていたこともあります。ミツバチは大好きです。
榎本昭次|2020.02.25/22:37
驚異と爆笑と感動!
ストリーミングで、主人と二人で全部(8回まで)拝聴しました。どの回も大変楽しく、へえー!と驚くことあり、小松博士の虫愛炸裂に爆笑することあり、絶滅危惧種の話題では心から共感したり、とても濃い体験でした。日本のファーブルと呼べるのは岩田久二雄だけ、というお話を聞いた主人が、本棚から「自然観察者の手記」を持ってきました。読んでみたら納得。すごい人でした。ガガンボモドキの交尾を観察しようと奮闘されたお話は岩田先生に通じるものがありますね。いつか実現されますように!(楽しみにしています)小松先生のご本も愛読しています。何度読んでも面白いです。応援しております。次の放送も聞かせていただきます!
田村佳子|2020.03.03/23:45
誠にありがとうございます。講演者冥利に尽きます。放送回も残り半分を切りましたが、何卒よろしくお願いいたします。
-|2020.03.04/14:09
虫にはそれほど興味がありませんでしたが番組を聴き始めたら最後、小松先生が語られる虫の姿をどうしても一目見たくなりweb検索しながら拝聴しております。驚きばかりで楽しいです! ただクモだけは、昔自宅で孵化してクモの子を散らされる目にあったため脳が拒否して見られません(涙)。今後の回も楽しみに拝聴いたします!
Rieo|2020.03.04/21:17
ラジオを聞いてくださり、誠にありがとうございます。少しでも虫に興味を持っていただけたなら、私も嬉しいです。
-|2020.03.05/15:48
偶然かけたカルチャーラジオに虜になりました。授業中に迷い混んだ蜘蛛を相手に遊んでいた頃が鮮明に思い出され、子供の昆虫図鑑を片手に、毎回楽しく拝聴しております。ブログの写真も拝見して、先生の血の滲むような努力の果てにこんなに美しいマイクロワールドがあるのかと驚嘆しています。最終回まで残さずフォローします!
metp|2020.03.10/12:18
ありがとうございます。最終回までフルスロットルでいきますので、何卒よろしくお願いいたします。
-|2020.03.11/09:42
今日初めて第10回目を聴きました。「聞き逃し」を利用して2回以降も聴くことができました。海の昆虫では何か?やっぱりオヨギユスリカ!相変わらずフサヒゲも力入ってましたねェ。残り少ないけど楽しみにしています。
もと|2020.03.13/23:46
ありがとうございます。いろいろな方々にご好評いただいているようで、演者として嬉しい限りです。
-|2020.03.15/10:49
フサヒゲサシガメ、新潟で探します。

ところで、セミのお話の回で気になったのですが、新潟ではセミに襲われること(頭に止まるとか)ないのですが、東京ではやたらセミに接触しました。なぜでしょうか。独身のころ、東京のセミが怖くて、アパートの玄関にカメラまで設置していた先輩を思い出します。

ずっと昆虫の類が苦手だったのですが、男の子の母になり、今年からはセミの鳴き声を親子で楽しみたいと思いました。

これからもラジオ楽しみにしています。
m|2020.03.17/18:44
御拝聴いただき、ありがとうございます。新潟でフサヒゲが見つかれば快挙です。
セミですが、地方によって人への止まりやすさが違うことを示した研究を私は知りません。ただ、周囲にある止まりやすい足場のあるなしや種類によって、何らかの振る舞いに違いが出る可能性はあるかもしれません。なお、セミは種により敵に脅かされた際の逃避行動にやや違いがあり、アブラゼミは木の茂ったところに飛び込んで隠れる、クマゼミは隠れず飛んで逃げる傾向があるとされます。
-|2020.03.18/14:08
偶然のきっかけで「科学と人間」を聴きましたが、お話に引き込まれ、著書や図鑑も読み、聞き逃しで何回も聴いています。それまで、虫は好きでも嫌いでもありませんでしたが、見方が変わりました。市内に取り壊しを待つ古い団地が9棟あり、敷地内に大樹も各種生えています。それまでは「壊す金ないんだろうな」としか見てませんでしたが、立入禁止で放置されたあの国有地は、きっと虫たちがいっぱい暮らしているんだろうなと思うとワクワクします。興味深い世界を教えて下さり有難うございます。
sinano|2020.03.23/09:11
ありがとうございます。ラジオのみならず本まで読んでいただき、感謝いたします。
-|2020.03.23/21:51
中国山地の山奥で農業をしています。偶然ラジオを聴いて、お話に引き込まれ、身の回りの虫に興味が出てきました。灯火に集まる大きな蛾は苦手ですが、小さい虫は観察するのが楽しくなってきました。ありがとうございます!
yuri|2020.03.27/14:30
小松先生の御著書も現在進行形で、ブログの写真と首っ引きで楽しんでいます。お話を伺っていると実際これらの虫たちがどのように動いているのか、自分の目で確かめたくなります。
また、12回に及ぶ先生のご講演を通じて、身近な自然に対する新たな楽しみ方を見つけることができました。

最後まで示唆に富む話を有難うございました。今後も先生のご活躍を応援しています。是非また先生の虫採りに誘ってください。

因みに、写真に見られるサインの最初はフサヒゲサシガメがモチーフですよね?
-|2020.03.27/21:08
yuri様
ラジオをお聞きくださり、ありがとうございます。私の話をきっかけに虫に興味をもってくださり、嬉しいです。大きなガも、慣れてくると結構可愛いものですよ。
-|2020.03.28/19:42
-様
こちらこそ、拝聴いただきありがとうございました。まさに写真のサインはそのカメムシです。いずれまた、別のラジオで虫採りしたいです。
-|2020.03.28/19:44
「恐るべき寄生昆虫」を聴きました。このシリーズはどれもとても面白いです。
今回ふしぎに思ったのですが、一つの卵がたくさんの幼虫に増えるコマユバチは、増えた幼虫の性別は皆おなじなのですか?
卵の中で分裂した細胞は、発生のどの段階でバラせば幼虫になるのかとか、一つひとつが幼虫になるのか、いくつかずつ塊でバラさないと幼虫にならないのかとか、考えると興味が尽きません。
うちは田舎で周囲は虫だらけで、今年は先生のおかげで楽しく虫観察ができそうです。ありがとうございます。
クロミ|2020.03.29/13:40
クロミ様
ラジオを拝聴下さり、誠にありがとうございます!
多胚生殖のハチですが、少なくともトビコバチに関してはメスが受精卵と未受精卵とを産み分けることができ、前者からはメスのみ、後者からはオスのみ発生します。
-|2020.03.30/13:51
第12回【ばらまくな外来種】を聴きました。

人間が自然に手を入れると言うことは、これほど怖いことなのかと。
興味本位や商業的に勝手に移動させてはいけないですね。
理科の教科書に載せてもいい内容の濃さでした。

目から鱗の内容で、大変勉強になりました。
今後も頑張ってください!
てんとう虫|2020.04.03/10:42

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する