FC2ブログ

4163.jpgフジツヤムネハネカクシQuedius sugai

富士山周辺の洞窟や地下浅層に固有の地下性生物。日本各地の地下浅層に、これと背格好のよく似たそこ固有の近縁種が特産する。この仲間は洞窟内のコウモリグアノ周辺にいることが多く、そこにやってくる他の弱小な生物を強靭な牙で捕殺する。

後になって、本種が原記載以降ほぼ採集例のない大変な珍種であることを知った。鮮明な本種の生きた姿が撮影されたのは、これが史上初ということになるだろう。
ただ、こいつを見た洞窟では成虫こそこの一匹しか見なかったが、幼虫は至るところに何匹もいたので、実のところ騒ぐほど珍しいものではないはずだ。

この洞窟へは、恐らくやはり富士山界隈の固有種フジメクラチビゴミムシがいるのではないかと踏んで探しに行ったのだが、それは全く見つからずに予想外のこいつの方を出してしまった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3434-da76c413

快挙。
富士山麓の住民として、この様な希少種の発見は大変嬉しいです。ご存知のように富士山麓には自衛隊の演習場という化外の地があって、そこに立ち入れれば、いろいろ面白いものが見られると思うのですが・・。
富士山トンボ池の会|2020.03.21/15:45
山麓の演習場内には、ほとんど人の荒らしていない洞窟がいくつもあるらしく、一度は入ってみたいと思っています。しかし、なかなか難しいでしょうね。
-|2020.03.22/16:38

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する