FC2ブログ

4162.jpgメミズムシOchterus marginatus。茨城にて。

米粒サイズのカメムシで、池の岸辺のぬかるみにいる。まったく珍しくないが、地味で小さいのと人が寄るとすぐ吹っ飛んで逃げるのとで、まず認知されることはない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3481-42f2136c

スゴイ写真ですね!
メミズムシはサトニウスが一杯いる地元の湿崖を這い回ってます。そこでは動きは速いが意外と飛び跳ねません。それでもこんなアップはなかなか。一昨日、今年初めての一匹を別の湿崖で久々に見ました。
もと|2020.03.20/20:17
サトニウスがいるとは羨ましい・・どういう訳か私には全く縁がありません。メミズムシはとにかく視力が発達しているので、至近までレンズを近づけるのが大変です。
-|2020.03.22/16:36

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する