腐海の谷の熊楠

今年の梅雨は雨がものすごく多かった。虫にはあまりいい条件ではなかったが、近所の森は常にジメジメした状態が続いたため、粘菌が非常にたくさん姿を現した。今年は粘菌に関しては当たり年のような気がする。
粘菌は全く専門外で種類はぜんぜんわからないが、とにかく見ているだけで面白い。こんな生物がいるということ自体が驚きだ。動物でもなければ植物でもない。そして菌でもない。既成の概念でくくりきれない生物の寄せ集め。

IMG_1964.jpgハタキのような風船のようなやつ。

IMG_1969.jpgまんじゅうのような奴。

IMG_1971.jpgたぶんツノホコリ一種Ceratiomyxa sp.。サンゴのような形だが、触ると簡単に潰れていやらしく糸を引く。

IMG_5048.jpgこれもたぶんツノホコリ一種。ツノホコリには形の違う幾つかの変種がいる。

IMG_1976.jpg
たぶんサビムラサキホコリStemonitis axifera。普通にいる。

IMG_2483.jpgムラサキホコリ属一種。小さい。

IMG_463.jpgクモノスホコリCribraria cancellata。普通にいる。これは新鮮な個体。

IMG_4633.jpg内部の胞子を飛ばしたあとのクモノスホコリ。ぼんぼりか扇風機のような骨組みだけが残る。

上に示した写真は、すべて近所の森の小路をほんの200m程度歩く中で、道脇の倒木に見られたもの。梅雨時の森の倒木上は、粘菌の博物館だ。
なお、これらはすべて胞子を飛ばす子実体と呼ばれる姿。アメーバのように地面を這い回る変形体という姿が、日の光を浴びてこれになる。

粘菌といえば南方熊楠。南方熊楠は、日本三大奇人と呼ばれているらしい。俺が四大奇人の四人目になるまでの道のりは、果てしなく遠い。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/352-8bd18981

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する