FC2ブログ

4215.jpgキシノウエトタテグモ。茨城にて。

こいつもキノボリもそうだが、多産地に夜間行くと季節を問わず表を出歩いている個体にしょっちゅう出くわす。頻繁に巣を捨てて移住しているようである。
本種は絶滅危惧種として知られる一方、生息地がたいてい人為の影響を多大に受ける場所にある関係上、土砂と一緒に人の手であちこちに運ばれてしまう。そのため、現在各地で見られる個体群のうちいくつかは、その場所特有のものではない可能性がある。最新版の埼玉県版レッドリストは、この理由により本種をリストから外してしまった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3530-bf88444c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する