FC2ブログ

4322.jpgミズアブStratiomys japonica。千葉にて。

水田で見かけることが多い。特に害にも益にもならない虫だが、そういう虫が1種でも多くいることが生態系にとっては重要なのだ。

田舎の田園を象徴する「古き良き虫」というイメージ。各地に普通にいたが、最近では農薬の影響か、水田自体がなくなってきたせいか、なかなか姿を見かけなくなってきた。今や世間でミズアブといえば、生ゴミに大発生する外来種アメリカミズアブのことを自動的に指すようになってしまったのは悲しいことだ。

この虫の事を調べていた際、同じく水田に住むコガタノミズアブが各地でひどく激減しており、都道府県によっては絶滅危惧種にまでなっていることを知り、愕然とした。あんなん、長野のクソ田舎でそこら中にいたのに。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3618-53e77d32

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する