FC2ブログ

4437.jpgネギアザミウマThrips tabaci。茨城にて。

ネギの害虫。葉の表面に特徴的な食痕を残す。今年の初夏くらいに苗を何本か植え、先ごろ最初の一本を収穫して食った。市販のネギとは比べ物にならない程辛みが強かったが、その一方で甘みも強かった。自分の畑で取れたという贔屓目を差し引いても、これは美味い。ただの付け合わせの薬味で使い果たすには惜しい逸材だ。

半年近くも畑で面倒を見て、肥料をやり害虫を殲滅し、水をまき、こうしてようやく野菜は収穫できるようになるのだ。それを考えると、農家の苦労というのは本当に計り知れない。たかだか週末農業ではあるが、野菜を始めてからというもの、つくづく食い物のありがたみがよくわかるようになった。同時に、時々ニュースで取り沙汰される旬の野菜・果物ドロとかいう連中は、他人の苦労の上澄みだけかっさらっていく、正に思いつく限り原始的かつ野蛮な手段(車刑、股裂き、爆発四散等)で処刑すべき極悪人であることを再認識した。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3723-ba3f2cee

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する