FC2ブログ

4459.jpgやっと野外で現物を見ることが出来た者。

かなり昔から、一度でもいいから姿を生で見たいと思っていたが、あまりにもこいつらの生態を知らなさ過ぎたため、ずっと叶わずにいた。出会いは住宅街の只中、車が脇をバンバン通り過ぎるような大通りの鉄柵だった。およそ虫を探そうなどと誰も思わないような環境。

モノ自体は本当に身近にいるが、本気で見ようという気を起こさない限りは死んでも絶対に見られない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3748-f5ba4192

『脳でみる』養老孟司、そうです。
-|2020.12.06/07:17

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する