FC2ブログ

4465.jpg極小のミノムシ。茨城にて。

地衣類で覆われた道祖神の表面に、地衣類でこしらえた小判状の巣を背負っていた。大きさはわずか3mm前後。ミノガの仲間だとばかり思っていたが、詳しい人からコケヒロズコガ類の幼虫であると聞いた。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3755-9e8af594

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する