IMG_1466.jpgオオアワフキバチArgogorytes mystaceus grandis。アワフキムシを捕らえる狩人蜂の一種で、特に泡状の巣を作る幼虫を好んで狩る。低空で草原を飛び回りながら、アワフキの白い泡を目印にして獲物を探知するらしく、草むらに捨ててある白い小さなビニールゴミにもとりあえず関心を示す。
アワフキの泡巣を見つけると、一直線に突撃して躊躇なく泡に飛び込む。

IMG_1482.jpg脚で泡の中を引っ掻き回して手探りで中の獲物をつかみ、毒針で刺す。その決定的瞬間だというのに、茂みの奥すぎてストロボの光が回らなかった。

IMG_1478.jpg麻酔した獲物を泡から引きずり出し、何処かへさらっていく。この場所では、マルアワフキLepyronia coleoptrataが主に標的にされていたようである。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/378-7fb3a772

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する