FC2ブログ

4526.jpg
シーズン終盤にして、奇跡的に見ることが出来た。冬尺マニアの間でも、これの交尾を見るのは極めて至難なことで有名。

たまたま上を見上げた時、地上4-5mくらいの高い幹上で、ペアを追従してバタバタもがくあぶれオスを見つけて、存在に気付いた。木の枝を駆使してどうにか低い所へ下ろして撮影した。近くの別の樹幹の、やはり高さ6-7m位のところでも、別のオスが例の近くにメスがいる時にやるあのバタバタ歩きをしていた。交尾成立まで見届けなかったが、間違いなくあの近くにもメスがいたのだろう。
本種の交尾が恐ろしく発見困難なのは、間違いなく配偶行動を行う場所が通常高所であり、ヒトの目線の高さで滅多にやらないからだと確信した。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3813-42cff685

ウーン!ヤッタですね!!
-|2021.02.09/09:13
これよりもっと普通種なはずのシロオビのすら見たことがなかったため、これが見られた嬉しさは格別でした。
-|2021.02.09/17:02

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する