棘あり棘なし

東南アジアのトゲアリPolyrhachis spp.。
アリ・トゲアリ一種2大形種で、樹洞に住むやつ。

IMG_9754.jpg大形で、重厚な体格のやつ。

アリ・トゲアリ一種3小形でなよっちい種類。

IMG_9749.jpg上の種に似ているが、少し色遣いが違う。樹上に住み、数枚の木の葉をより合わせて幼虫の吐き出す糸で留め、これを巣とする。

IMG_7121.jpg磨いたようにツルッツルの種類だがこれもトゲアリ。棘があろうがなかろうが、この仲間は大抵特徴的な丸顔をしているのですぐにそれと分かる。

IMG_9103.jpg大形で鮫肌状のやつ。これと外見上のフォルムが同じで腹だけ赤いやつ、肌がなめらかなやつ等が居る。

熱帯地域はトゲアリの仲間の天下。でも、なんだかんだで俺は日本のトゲアリP. lamellidensが一番かっこいいと思う。先日改訂された環境省の日本版レッドリストでは、トゲアリがリストアップされるという情けない事態になった。何とか頑張って生き続けて欲しいところだが、各地の生息環境事態が悪くなってしまった今、彼らの底力だけに頼るのはあまりにも酷というもの。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/425-98db2f67

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する