IMG_0091.jpg
IMG_0096.jpgウストビイラガCeratonema sericeum。エイにそっくり。イラガの仲間の幼虫は毒棘をもつものが多いが、これは恐らく無毒。撫でくり回したが特に何も起きなかった。イラガ科は幼虫期の形態的なバリエーションが多様で、見ている分には楽しい。棘がない種類にはいつも積極的に触ってしまう。
海外には、日本より遙かにいろんな種類のイラガがいる。それらは幼虫期、想像を絶する大きさ・形状をしたものばかりである。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/439-1f87b8bb

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する