町はきらめくパッション・・

クモ・チリイソウロウグモ6チリイソウロウグモArgyrodes kumadai。この属の仲間は他種のクモの巣に侵入して餌をくすねるが、本種は居候とは名ばかりで、隙あらば巣の主のクモそのものを襲って食う。この地域ではオオヒメグモParasteatoda tepidariorumの巣に侵入しているのがよく見られるが、このケースではオニグモの一種がやられたようだ。しかし、チリという割にはかなり大形のクモである。

メスのチリイソウロウグモは、網の主を殺した後にしばしばその網上で産卵し、特徴的な卵嚢を吊してそこを去る。まるで、「お宝頂きました」のカードを残していく怪盗の如く。

静岡にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/464-aca563f2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する