ガ・クロウスタビガ13クロウスタビガRhodinia jankowskii。息をのむほど美しい高貴な蛾で、秋の初めのほんの短い間だけ出現する。銀杏のような黄色をベースに、黒ずんだ翅に浮かび上がる半月はまさしく朧月夜。これでもかと言うほど、その身に秋を背負い込んだ姿。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/470-8c36a3fd

十六夜の月の下・・
仮面舞踏会の伊達男でしょうか、
広げたマントの半月の鏡、
鬱金の地に錆桔梗も滲んで秋の美しい朽葉の如く、
秋の日の賓客に会ってみたいです。






瓜豆|2012.09.26/16:45
ヤママユの仲間は巨大でけばけばしいとして嫌う人は多いですが、私は蛾の中でもかなり好きな部類です。この種を初めとして翅に透明な窓の部分を持つ種が多いですが、この部分が特にお気に入りです。
richoo|2012.09.26/17:49

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する