IMG_8690.jpgアツバコガネ一種Hybosoridae sp.。糞転がしの仲間だが、どちらかというと腐肉に集まることが多い。日本では南西諸島などに2種いるだけだが、熱帯には東南アジア・南米ともに種類がとても多い。上の個体は、つぶれたカタツムリに集まってきたもの。マレーにて。

アツバコガネは、シロアリの巣内にいる不思議な姿のマンマルコガネCeratocanthidaeに近いとされる。アジア産の種を見る限り、どう見ても両者は全然見た目が違うのに、これ分類した奴はバカじゃねえか、寝言は寝ても言うなと思っていた。しかし、南米でマンマルそっくりなアツバや、アツバそっくりなマンマルを見て以後、バカなのは俺だったと思い知らされた。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/479-7efa3eec

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する