爆ぜろリアル、邪王真眼!

IMG_2638.jpg美麗なクサカゲロウ。日本のセアカクサカゲロウItalochrysa japonicaに極めて近縁か、同種。ボルネオにて。

この仲間のカゲロウが日本以外にもいるとは知らなかった。今年の秋にこれを探しに西日本へ旅に出ようと思ったが、台風で断念せざるを得なかった。そいつにまさかボルネオのジャングルで出会うとは。何となく貴重な記録に思えたが、撮影中に逃げられたので証拠標本がない。
日本のセアカクサカゲロウは、草原や河川敷など開放的な環境で得られることが多いようだが、こいつもジャングルの縁にある明るい草原で明け方飛翔しているのを見つけた。

緑一辺倒な他のクサカゲロウが憚って遠慮しそうな、どぎつい虎縞の出で立ち。大きな瞳は幻光をたたえて虚空を見つめる。さらに幼虫期の生態が一切謎という、中二病設定をこれでもかという位に盛り込んだ、お気に入りの虫。正確に言うと、ヨーロッパの同属近縁種では幼虫期にとある種のアリと緊密な関係をもつことが知られている。そういえば、日本のオオフト…いやなんでもなぃ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/497-52740b26

昆虫大学での講義と素晴らしいお写真のパネル展示ありがとうございました。カメラのことは全くわかりませんが、「こんな一瞬一瞬を写真に残せるなんて凄すぎる!」と思いながらいつもブログ楽しみに拝見させていただいています。会場に居られること気づいていましたが、緊張してお礼も言えず…すみませんでした。せめてバナナを食される小松様を写してくればよかった…と後悔しています。最近のお気に入りは「蚊の首に止まっているダニ」です。これからもよろしくお願いします。
parasol_ant|2012.11.21/00:57
こちらこそありがとうございます。雨の中イベントに足を運んでくださり、恐縮です。
バナナを与えて下されば言うことをよく聞きますので、次の機会にお試しください。
-|2012.11.21/07:57
いや、寒天ゼリーでしょ。
長野由美子|2012.11.21/23:35

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する