IMG_5120.jpgコモンブロンズヘビDendrelaphis pictus

宿舎脇の池の縁にいた奴で、カエルの悲鳴を頼りに発見した。極めて警戒心が強く、行動は矢のように素早い。しかし、事情を説明したら撮影を快諾してくれた。

気を引こうとカメラの持ち手の指を巧みに動かして見せると、向こうは頭部を微動だにさせぬまま首だけを左右にへらへら揺らす謎の仕草をする。頭に比べて首だけが異様にブレて写っているのはそのため。

マレーにて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/528-0a3191e2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する