しだりおの

IMG_6510.jpgヤマドリSyrmaticus soemmerringii。いることはわかるのだが、とにかく姿を見るのが困難。たまに見るのは、山道を歩いている時に突然こちらに驚いて一目散に逃走する後ろ姿。そんなヤマドリを、奇跡的に近くで観察できた。10年間通った森で、まともに姿を見たのは初めて。森を司る女神に、ほんの少しだけ認められた気がした。

地味に思えて、実はもの凄く美しい鳥。こんな鳥が、日本の固有種でよかった。でも、山鳥鍋は食ってみたい。そういう時勢ではないのかもしれないが。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/532-16d8cb75

確かに美しい
よくぞここまで野性的で美しく撮れるものですね。

ヤマドリは、今まで狩猟鳥か食材くらいにしか思っていませんでした。
ヤマドリさんに会ったら、よだれを垂らしながら謝りたいと思います。


 
某ナニがし|2012.12.10/21:47

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する