IMG_6977.jpg
ナミスジフユナミシャクOperophtera brumataの交尾。長野にて。

本種内には、触角の微細な形態が異なる2タイプの個体が出るとして、何年か前にオオナミフユナミシャクO. variabilisとコナミフユナミシャクO. brunneaという2種に分けられた。しかし、俺は区別の仕方がよく分からなかったので、従来通りナミスジと呼び続けていた。
ところが、最近その2種というのが実は種として明瞭に区別し難いとかの理由で、いつの間にまたナミスジ1種類に戻ったらしい。結局俺にはあまり関係のない話だった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/560-3bf15394

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する