出初式

1.jpg
逆立ちするツノアブラムシ一種Cerataphidini sp.の兵隊。この仲間のアブラムシは、天敵と戦うのに特化した兵隊カーストを持っている。大型の捕食者が来ると、兵隊は脚で組み付いて頭部のヤリを突き刺す。また、逆立ち体勢になり、後脚で寄生蜂などを蹴っ飛ばす。
兵隊は防衛だけでなく、コロニーの掃除も担う。

東南アジア某所にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/562-aba83c76

本年の虫運上昇をお祈り申し上げます。

来年の干支は午なので、元日更新用に某バッタ目などを
撮影しておきたいと思います(´・ω・`)。
micromyu|2013.01.04/17:27
途中で送信されてしまった・・・(´・ω・`)

兵アブラムシの攻撃を回避するための巣を張る
捕食性昆虫もいるそうですね、
双翅か鱗翅の幼虫だったような?
こちらも観察してみたいものです。
micromyu|2013.01.04/17:30
この姿に人格を感じます
『よっ』とでも言いたげな、瞬間を捉えているところが素晴らしい!!
 
そのポーズとツノの部分が巻いたハチマキの両端に見えるから
タイトルの『出初式』にも納得です(^^) 
 
今年も楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。 
 

 
某ナニがし|2013.01.04/21:02
このアブラムシの仲間は日本にもいて、ゴイシシジミ等が集まってきますね。アブラムシも然ることながら、天敵の行動を観察するのも面白いです。

ツノがハチマキという発想はありませんでした。体長1mm程度ながら、撮影者を恐れぬ度胸に脱帽です。

皆様、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。今年はきっと躍進の年にします。
-|2013.01.04/21:07

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する