冬の赤蟻

37.jpgタマバチ一種Andricus sp.。タマバチの仲間には冬季に出現する型と夏期に出現する型をもつ種類がいる。この手のタマバチはクヌギやコナラの新芽に産卵し、顕著な虫こぶをつくるので有名。本来の居場所はそうした木の枝上だが、風で落とされたものが地表を歩いているのをしばしば見かける。積雪があると、雪の上を歩くこともある。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/573-ec1389cd

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する