52.jpg悪名高いミカンコミバエBactrocera dorsalis?の近縁種らしきハエ。恐るべき害虫だが、目の色は大宇宙。マレーにて。

B. albistrigata(de Meijere)とのご教示をいただきました。誠にありがとうございます。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/592-c35b578d

私はこの時期、手持ちの画像が尽きてブログの更新が
滞りがちになるのですが、ここは素晴らしいインターネッツですね…

双翅目は、メクラアブ類の複眼が綺麗なので
吸血中の様子を是非撮ってみたいと思うのですが、
なかなか刺される勇気が出ません(´・ω・`)。
micromyu|2013.02.08/12:54
海外調査の際に偶然目に入った、取るに足らなそうなムシを逐一撮りためているのが功を奏しています・・

メクラアブは、一見刺さないようなそぶりを見せてチクッとやられるのがイヤらしいですね。
richoo|2013.02.08/14:29
ミバエの種名について
いつも楽しく拝見させていただいております。
さて、写真のミバエですが、Bactrocera albistrigata (de Meijere)です。B.dorsalisと同じBactrocera亜属に属します。インドネシア、マレーシア、タイ、シンガポール等に分布し、寄主植物はレンブ、ミズレンブ等のフトモモ属(Syzygium spp.)、グアバ等の果実で、経済的に重要なミバエです。
胸・腹部、翅の斑紋が非常にわかりやすい写真で同定は容易でした。
Tephritidae|2013.02.08/22:06
Tephritidaeさま

ご教示頂き、ありがとうございます。大変助かります!
ハエの仲間を外見で同定できるとは、専門の方はやはりすごいですね。確かに、B.dorsalisにしては翅の模様の雰囲気が少し違うかなと思っていました。
ふつつかですが、今後ともよろしくお願いいたします。
-|2013.02.08/22:18

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する