小さき背に負いし業

85.jpg
84.jpg東南アジア産の地味な小蛾2種。恐らく上がヒロズコガ系で、下がコヤガ系。いずれも開長1cm程度。大概の虫マニアだったら見向きもしないであろう、何のありがたみもない蛾。俺もいきなりこれを野外で見たら、何の感慨も喚起されなかったに違いない。

まさか、この見るからに面白みのない昆虫の姿が、幼虫期にあんな場所であんなおぞましい事をして育った結果だなんて、お釈迦様でも気づくまい。これらの詳細は、いずれ明らかにされるだろう。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/604-7086c3e3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する