熊曾

くまそクロマダラソテツシジミChilades pandava。マレーにて。

東南アジアに広く分布する。日本にはもともと分布しなかったが、何年か前に迷蝶として南西諸島に飛来した。その当時は大層珍しがられたようだが、その後定着して数が増えてしまい、今では本土ですら局所的に住み着いている状態である。時に大発生し、植栽されたソテツを大規模に食い荒らしてしまうため、場合によっては駆除されるらしい。

日本では夕方テレビをつけると、どこの民放の局も「ニュース」と称して同じような内容のワイドショーを流している。この時間のワイドショーには、よく「大自然の異変!」「生き物、謎の異常発生!」のような特集が組まれる。この時間にそういうネタを流すと、視聴率が取れるのだろう。
数年前の夕方、ある局のワイドショーで「南国の蝶が異常発生!」と題した特集が組まれた。近畿のとある市街地の植え込みにクロマダラソテツシジミが大発生しているということで、リポーターがその街へ突撃取材しに行っていた。現場についたリポーターの目の前には、多くの白い小さな蝶がたくさんとまっていた。リポーターは「皆さん、ご覧下さい!南国のチョウがこんなに沢山います!何が起きているのでしょうか!?」と、まるで鬼の首でもとったように得意になってカメラマンに蝶を撮影するよう指示していた。

そうやって次々にその場にいる蝶を映し出していくのだが、その植え込みには偶然、在来のヤマトシジミも多く発生していたらしい。わざわざ画面下に「南国の蝶・クロマダラソテツシジミ」と字幕まで出しながら、映す蝶映す蝶みんなヤマトシジミだったのには噴飯物だった。7匹目くらいにようやく本物のクロマダラソテツシジミが映った。その一連の様があまりにも面白かったので、この特集はビデオにとって大切に保管している。つらい時に見ると笑える。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/612-b90216dd

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する