前頭部絶壁

100.jpgヒラズオオアリ一種Colobopsis sp.の新女王。樹上性のアリで、顔が寸断されたように平らなのが特徴。枝に空いた虫食い跡などに営巣し、出入り口を常にこのコルクのような頭で塞ぐ習性で知られる。夜間灯火に翅アリはよく飛んでくるのだが、巣を発見するのは極めて難しい。
熱帯の木はみな高いので、樹上性のアリを調べるのは容易ではない。きっと、そんな高木のてっぺんに住むアリとしか共生しない未知の好蟻性生物たちが、まだまだいっぱいいるのだろう。

マレーにて。似た種は日本にもいる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/619-3f1f13eb

この冬、直径3センチ程の木の実の中にヒラズオオアリと思われるアリを見つけました。女王アリはおらず頭の四角い大型働きアリ5匹と10匹以上の普通の働きアリがいます。サナギもいくつかあります。気温が上がったせいか動き出しました。砂糖、ハム、蠅などを与えてみましたがあまり反応がありません。何を食べるのでしょうか。もしご存じでしたら教えて頂けないでしょうか。
parasol_ant|2013.03.06/00:01
ヒラズは、私は飼育したことはないのですが、野外で巣を観察すると、樹幹上から腹に沢山の蜜を蓄えた小型ワーカーが降りてくるのが見られます。恐らく、アブラムシやカイガラムシの甘露を吸ってきたものでしょう。
なので、スポーツドリンクやメープルシロップのような糖分を含む餌を中心に与えてみるといいかもしれません。基本的に冬は子育てをあまりしないと思われるので、暖かくなるまで動物質の餌は与えなくてもよいと思われます。
richoo|2013.03.08/22:10
ありがとうございます!甘いものも虫も、どちらも食べるんですね。最近暖かい日が続き、ワサワサ動いてきました。スポーツドリンクあげてみます!
parasol_ant|2013.03.09/13:58

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する