めだかだるまメダカダルマカメムシAstroscopometopus gryllocephalus。昔の写真。

わりと近代になって八重山諸島で見つかった、分類上の位置づけがかなり特異らしいカメムシ。ネズミ男のような面長の顔のてっぺんに目がついていることから、「天文学者」の名を持つ。なかなかいい虫である。いつか撮り直しに行きたい。

世間では結構な珍種であるかのように言われているカメムシらしい。だが、実際はそんなに騒ぐほど珍しくない。ある時間に森へ行けば、林道沿いの木という木の幹にうんざりするほどついている。

沖縄にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/626-fef20f55

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する