131.jpgケブトヒラタキクイムシMinthea rugicollis。東南アジア某所にて。

この仲間は、木製家具に穴を開ける屋内害虫として有名。東南アジア原産らしいが、物資の往来に伴い今や世界中に広がっている。雨が降って外へ調査に出られなかった日、ホテルの部屋のタンスの引き出しという引き出しを全部引き出したら、中にいた。

132.jpg
探そうという気さえあれば、地球上すべての場所が虫探しの舞台である。俺は今までの人生の中で、虫を探していなかった瞬間がビタ一秒たりともない。


まったく関係ないが、今朝の国営放送のニュースで、ツシマヤマネコを人工繁殖させる試みの話をしていた。ある動物園で、ネコを断食させて見合いさせたらすぐ交尾したらしい。それに関して国営放送の解説員が、「餌を絶たれて生命の危機を感じたネコが、種の保存本能を刺激されて交尾した」と言っているのを聞いて、思わず飲んでいた牛乳を鼻から吹きそうになった。
大学の生物学の授業中にこんなこと言ったら、この解説員はニッパーで鼻の穴の間の壁をパチンとやられるな、と思った。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/638-fb406740

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する