135.jpg美麗なハエ。たぶんミドリイエバエ一種Neomyia sp.?(イエバエ科)。よくいるキンバエ類(クロバエ科)かと思ったが、背中の剛毛の生え方が明らかにクロバエ科のそれに見えない。東南アジア某所にて。

ジャングルの下草のあちこちでテリトリーを張っていた。しかし、街中の食堂にいるイエバエ類と違って、外で弁当を広げて食べている時に、人の食べ物にしつこくたかろうとしない。前日何者かがひねり出した野グソにはたかっていたので、かなり腐敗の進んだ汚物にしか来ない種類なのかもしれない。

いくら見た目が美しくとも、結局はただの小汚いハエであった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/640-c453da90

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する