侵略完了でアリます

142.jpgトビイロシワアリTetramorium tsushimae。日本のアリの中では最普通種で、開けた環境であれば南西諸島をのぞき日本中どこにでもいる。街中にも非常に多く、埋め立て地ができると一番最初に侵入してくるようなアリ。極端な高標高地以外で、こいつがいない地域を探すのは困難である。

かつてはヨーロッパにいるT. caespitumというのと同種扱いだったが、今では別種になっている。T. caespitumも生息地内では優占する種で、日本のトビイロシワアリ同様に人の居住区周辺に多い。物資の往来とともに本来分布しなかったアメリカにまで侵入・定着し、問題になっているようだ。
こういう、人為的な往来とともに分布を広げるようなアリを放浪種tramp speciesとよぶ。日本で問題になっているアルゼンチンアリなどもその一員だ。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/651-f9c24add

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2013.03.29/20:51

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する