177.jpgミナミキイロケアリLasius sonobei。平地や温暖な地域に多い種で、より北方・高標高にいるキイロケアリL. flavusとは基本的に棲み分けるが、言うほど南でなくても生息している。キイロケアリより目が小さくてしょぼしょぼしたツラをしている。普通種だが地中性が強く、その辺の道ばたをただ歩いてて見かけることはない。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/677-66a3174b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する