双想ノ唄ネオトロピクス・セカンド

IMG_1794.jpg

IMG_3488.jpg

IMG_3670.jpg
ヒメグンタイアリNeivamyrmex sp.。他種のアリを専門に狩る小型のグンタイアリ。東南アジアのヒメサスライアリAenictusに生態も見た目も瓜二つだが、こいつは小さい目があるので区別できる。新大陸のみに分布するが種数はすさまじく、分類も進まないため、未だ何種類いるか正確には分からない。そして、そのそれぞれの種には恐らく最低一種類、その種にだけ専門に寄生する好蟻性昆虫がいる(と俺は信じて疑わない)。残念ながら、今回これに寄生する生物は殆ど撮影できていない。ペルーにて。

IMG_3413.jpg
ヒメグンタイアリの行列にいた奇妙なノミバエ。赤塚不二夫の漫画に出てくるケムンパスを彷彿とさせる。翅はない。撮影しようと思って撮影したわけでなく、アリを撮影したら偶然写り込んでいただけ。グンタイアリの行列をランダムに撮影して後でよく見ると、思いもしなかったような生物が亡霊のごとく写り込んでいるのにしばしば気付く。ペルーにて。

IMG_5149.jpg
ヒメグンタイアリの後脚に取り付いた微少甲虫、ムクゲキノコParalimulodes sp.。この甲虫の仲間には名前の通りキノコに集まるグループもいるが、ある系統は好蟻性に特化した。そして、その好蟻性のグループは殆ど全てが新大陸とオーストラリアにしかいないらしい。アリの巣どころか、アリそのものに住み着くという大した居候。体表面の油を舐めているという、妖怪アカナメみたいな奴。
4ミリそこそこの、小さい上に高速で走り回るアリの体表にこびりつくさらに小さな甲虫を、野外で探し出すのは殆ど不可能に近い。なので、とりあえずひたすら行列脇でカメラをセットし、通過する数千匹のアリを一匹一匹撮影してあとで写真を見て探すしかない。ペルーにて。

IMG_3682.jpg

IMG_3684.jpg
行列上をホバリングするノミバエ。生きたアリに直接攻撃し、卵を産み付ける捕食寄生者。残念ながら寄生の瞬間を撮影できなかったが、同行者曰く、アリの肛門に取り付いて産卵するらしい。ペルーにて。

グンタイアリはしばしば無敵の軍団のように、ネット界隈で紹介される。確かに、コロニーそのものを壊滅させることができる生物など、事実上存在しないと思う(あえて言うなら人間か。生息地の森が破壊されれば、毎日多量の餌動物を要求するグンタイアリのコロニーは生きていけない)。しかし、個々のアリを攻撃し、直接食い殺したり内側から蝕んでいくことに特殊化した天敵は、ハネカクシやノミバエなど、ちゃんと存在する。

一昔前、今は亡きテレビの某動物番組で、動物に関する視聴者からの質問コーナーが設けられていた。その中の質問「グンタイアリに天敵はいるか?」に対して、偶然グンタイアリの行列脇にあったアリジゴクにアリが捕らえられた映像を流して、「グンタイアリの天敵はアリジゴクだった!ズバッと解決!」と結論づけていたのを見て、飯を吹いたのはいい思い出。比較的影響力のある番組だったようで、今でもネット界隈を見ると「グンタイアリの天敵はアリジゴク」などの記述が散見される。今はどうか知らんがウィキペディアにさえそう書いてあった時期があった。もう少しまともな文献でリサーチしようよ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/71-3d46629d

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する