双想ノ唄ネオトロピクス・サード

IMG_1728.jpg

IMG_2482.jpg
マルセグンタイアリLabidus praedatorLabidusの仲間は半地下性のグンタイアリ。地下を行進し、餌を狩るときに地表に現れるようだ。夜間に姿を見せる傾向があるように思う。動物植物関係なく、かなりいろんなものを食う。しかし、比較的小型なのと地上にそんなに出てこないのとで、あまり危険視されない。大型のグンタイアリでさえ、地元の人間はそんなに恐れないが。
地上を行進するときは、行列の両脇を護衛役が固める。ペルーにて。

IMG_1776.jpg

IMG_2484.jpg
このグループは、グンタイアリというより東南アジアのヨコヅナアリPheidologetonに見た目が似ている。食性も同じ。しかし、ものすごく走るスピードが速く、なかなか動きを止めて撮影できない。さらに悪いことに、これに共生する腰巾着どもは、それに輪をかけてさらに高速。ペルーにて。

IMG_2344.jpg
行列上をホバリングするノミバエ。地上すれすれを飛び、アリを直接攻撃する。頭を狙っているように見えるが、早すぎてよく分からない。一瞬体当たりされたアリはその場で身をよじって悶絶するので、これの攻撃を受けるのはアリにとって相当苦痛に違いない。これが集結し始めると、アリはものすごく怒り狂いはじめ、行列の両脇ガードがすさまじくなる。ペルーにて。

IMG_2429.jpg
行列中を超音速で瞬間移動するアリシミ。アリに比べてかなり大型。その身が妖しく放つ幻光は何のため。ペルーにて。

IMG_2692.jpg
アリ型のハネカクシ。たぶんMimeciton sp.?。かなりスピードが早い。この手のアリ型ハネカクシには珍しく、色彩はアリに似ていない。夜間アリと一緒に出てくることが多いから、アリ鳥の攻撃を気にしなくていいからなのか、元々かなり小型種なのでアリ鳥に狙われること自体がないからなのか。ペルーにて。

IMG_3378.jpg

IMG_2700.jpg
シリホソハネカクシ一種Vatesus sp.。Ecitonの行列に見られる種の三分の一程度の小型種。絶望的に動きが素早い。沢山のアリ達の間を軽々と追い越していく。ペルーにて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/72-b78f530a

豪華な Parade?
今晩は、初めまして、
賑やかな行進なのですねェ〜、
「ハネカクシ」ほとんど隠すべき翅も無い様ですが・・
「ハネカクシ」識りたい事だらけです、
面白い輩の、しかも猛スピードの「お練り」!
眼の前に繰り広がれる蟲たちの行動に釘付けです!
(iMac使用ですが、綺麗に再現してくれます)
瓜豆|2012.02.16/22:04
いらっしゃいませ。
アリとその腰巾着たちの見せる芝居は、見れば病みつきです。
もっとテレビやらがこういうのを取り上げてもいいと思うのですが、昨今のムシ嫌いの増長の中では、きっと無理ですね。
richoo|2012.02.16/23:26
4枚目の写真に写っている翅はハゴロモかそのあたりのものでしょうか?
ひげぶと|2012.02.16/23:28
翅はハゴロモのものですが、私が与えたものです。
どういうわけか宿泊していた小屋にこれが多量に集結しており、これを採ってアリに与えてました。
餌を与えるとアリの個体数が多くなり、それを目当てにノミバエが集まってきます。
richoo|2012.02.16/23:40

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する