258.jpg
ハシボソガラスCorvus corone。水を入れた田んぼで餌をあさった直後。田んぼは広いのに、なぜか毎日決まった1枚の田んぼだけに多数個体が集結している。

最近、カラスに顔を覚えられたらしい。望遠レンズを見せてもさほど危険な物でないと理解したようで、あまり恐れられなくなった。おかげで撮影はしやすくなって都合良いのだが、一方で俺にとってカラスの撮影は野生動物との距離の取り方の訓練も兼ねているので、困りものだ。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/721-1835f1aa

好い写真ですねぇ、
「へェン!ヘェン!何かよお~かァ?」
なんて今にも喋りだしそうです、
以前よりはカラスの数が減りましたが、
神宮の亭々たる樹々の樹冠に、
カラスの巣が架かっているのを観る事があります。
瓜豆|2013.06.06/16:09
不敵な面構えが気に入っています。私も所用で上京の際には、神宮にカラスを見に立ち寄ります。あそこはカラスの人怖じしない自然な振る舞いをつぶさに観察できる、良い場所です。
richoo|2013.06.06/17:54

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する