259.jpgエイザンスミレViola eizanensis。スミレの仲間は種類がよくわからないが、これだけは葉の形ですぐそれと分かる。ピンク色の綺麗な花を咲かせる種類。家の近所では、ものすごく限られた所にほんの少ししか生えてない。10年前に初めてそこで見て以降、毎年見に行っているが、全然株数が増えない。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/723-d21b1090

奥武蔵の妖精
私の住む埼玉県では低山帯に春を告げる花と認識しています。多くはないですが、山道の斜面でちょくちょく見かける印象ですので、長野でそれほど多くないとは意外でした。他のスミレにはない松葉のような葉と淡い桃色の清楚な花姿に魅了されます。
抗議性困中|2013.06.08/21:05
埼玉でも見られるんですね。長野では、おそらく場所にもよるのだと思われますが、私の知っている山地では本当に少なく、なおかつ株がなかなか増えません。同じ場所にあるセツブンソウも、ここ10年間まったく群落が広がっていきません。
山野草のか弱さを見るにつけ、野の花は掘り返して持ち帰ってはいけないというのがよく分かります。
richoo|2013.06.08/21:25

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する