292.jpg虹色ゴミムシダマシ。実際に見た色彩を写真で再現するのが恐ろしく困難な生物の筆頭。日本にもニジゴミムシダマシというのがいるが、果たしてこれと近縁だろうか。
あいまいなものの喩えで「玉虫色」という言葉があるが、ニジゴミムシダマシ色のほうがしっくりくる。タイにて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/745-5abbc2a4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する