305.jpgオオムツボシタマムシChrysobothris ohbayashii。タマムシとしては小型だが、この属の中では破格の巨大種。倒木に集まり産卵するが、まるでハエのように動きが素早い。ダダダッと走ってすぐパッと飛んでいってしまうので、観察はとても難しい。ムツボシタマムシの仲間はいくつか似た種類がいる。いずれもみんな目が大きく発達しており、そのせいか人の気配にとても敏感だ。
地味な色彩の種と思いきや、ルリ色のあでやかな靴が奴の自慢。本州中部にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/765-15d32bf0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する