351.jpgハムシ一種。いわゆる「トゲナシトゲトゲ」と呼ばれていた仲間で、バナナの葉を食べる。3cm弱もある、かなりの大形種。

349.jpgこれも「トゲナシトゲトゲ」系のハムシ。どこかから飛んできて、宿舎の柱に止まった。1cm程度の種。この仲間は、脚のフ節の幅が広くてかっこいい。いずれも東南アジア某所にて。


本日、某国の小遠征から帰還。時期が全体的によくなかったため、収穫の量はいまいちだった。しかし、最後の最後にとんでもないものを見事に当てることができた。妖精の王に感謝。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/791-ce1d02e7

忘れ得ぬ名
「トゲナシトゲトゲ」?この矛盾に満ちた和名は命名者のユーモアの発露でしょうか?大学時代恩師にこの名を聞き大笑いしたのも今は昔。姿かたちは思い浮かばなくとも名前だけは忘れることがなさそうです。
抗議性困中|2013.08.14/09:00
トゲナシトゲトゲと呼ばれていたグループは、どうやらいくつかの属にまたがって存在するようですね。今は無難な名前に変更されてしまいましたが、個人的にはそのままにしておいて欲しかったです・・
脚のフ節の幅広さがチャームポイントです。
-|2013.08.14/17:21

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する