消防訓練

384.jpg
キノコバエ一種Sciaridae sp.。名前はハエでも蚊の仲間。とても種類が多く、さまざまな有機物から発生する。

キノコバエやその親戚筋であるタマバエの仲間は、しばしばクモの糸に掴まってぶら下がりながら止まる姿が見られる。その理由はよくわかっていない。クモのいる場所の近くにいれば、他の天敵に襲われにくくなるからだという説もあるらしい(Marshall 2012)が、クモそのものはこいつらにとって脅威ではないのだろうか。それにクモ本人が不在の、ただクモが歩いたときに引いた「しおり糸」にも普通にぶら下がっているので、上の説は疑わしい。

長野にて。


参考文献
Marshall SA (2012) Flies: The Natural History & Diversity of Diptera. Firefly Books Ltd, 616pp.

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/808-3fbbee2a

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する