474.jpg
モンスズメバチVespa crabroの巣。よく見かけるキイロやコガタと違い、木の洞などの隙間に営巣するのを好む。セミを好んで狩る性質があるので有名だが、その割に野外でセミを狩っている現場は見かけない。セミが多くても生息しない地域も多く、いくつもの要因がこのハチの生息に関与しているふうに思える。近年、各地で減っているようだ。

476.jpg
神社の境内をうろうろしていたら、ふと足下30cmの所にモンスズメの巨大な巣があることに気づき、たまげた。たまたまハチが出入りしていない瞬間に、気づかず接近しすぎてしまった。モンスズメは、日本のスズメバチの中でもすさまじく凶暴な部類に入り、俺はオオスズメ以上に恐れている。一度怒らせたら収まりがつかない。しかも、昼だけでなく夜も問題なく活動するため、油断ならない。

475.jpg誰もが知ってるスズメバチだが、じつはスズメバチという名の由来はよく分かっていないらしい(松浦 1988)。しばしば「スズメくらいの大きさがありそうなハチだから」と言われることがある。しかし、スズメという鳥はいつも遠くから見るばかりだからなかなか実感できないが、体長14cm位と、そこそこ大きい。一方スズメバチはと言えば、最大のオオスズメの女王でさえ4cm程度だ。本物のスズメとは3倍近くも尺が違うので、「スズメと見まごうほどの大きさだからスズメバチの名がついた説」は、俺は疑わしく思う。まして、見た目がスズメに似ているハチではあるまい。
スズメバチ研究に一生を捧げた研究者さえ分からないと言っているのだから、スズメバチの名の由来は永遠の謎なのである。


静岡にて。


参考文献:
松浦誠 (1988)スズメバチはなぜ刺すか。北海道大学出版会、pp.291.

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/814-12eb90d9

7月に、林内踏査中オオスズメバチの巣穴を踏んでしまい
蜂が噴出しました。頭からネットを被って必死に謝罪し続けたところ
何とか許してもらえました。凶暴な彼女らとも
気持ちが通じればきっと分かり合えると信じています(´・ω・`)。
micromyu|2013.09.25/13:05
オオスズメとは、また大変でしたね・・
恐ろしい連中ですが、その恐ろしさを補っても余りあるほどの魅力を備えた、素敵な生物です。
-|2013.09.27/20:25

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する