ぽっぽ

388.jpgアオバハゴロモGeisha distinctissima。暖かい地方の樹木にたくさん付いており、脅かすとはたはた飛ぶ。ガのような見た目だが、セミの親戚。体長は1cm弱。

理由は全く知らないが、地域によってこの虫のことを「はと」と呼ぶ。幼い頃、今は亡き祖母が「庭木にはとがたかって困る」とよく言っていたのを覚えている。集団で植物の茎に取り付き汁を吸ってしまうので、園芸関係の人々からは嫌われている害虫である。

幼心に祖母のためになりたいと思い、俺はよく庭の畑でカマキリやクモその他いろんな肉食昆虫と協力して「はと退治」をした。指ではとを生け捕りにしては半殺しにし、庭に住み着いている肉食昆虫どもに片っ端から渡していった。一番面白いのはシオカラトンボだった。竿の先に止まっているやつを見つけ、そいつの目の前で空中にはとを投げる。すると、一瞬のうちにトンボが飛び上がり、空中で見事にはとを捕まえて元の竿に戻るのだ。

祖母の亡き後は畑も閑散として、以前ほどトンボもはともいなくなった。

静岡にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/816-bedce6c3

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2013.08.20/12:15
まあ、昔のことですからね・・・
-|2013.08.20/16:16
Geisha distinctissima
羽織芸者為らぬ羽衣芸者?
翅のへりを縁取る薄紅色は、
目の縁を染めた美しい芸者の俤でしょうか、
鳩サブレにも・・
ベッコウハゴロモ、この夏の珍客です。
瓜豆|2013.08.20/16:19
この虫、見た目は本当に涼しげで美しいのですが・・
束になると、なかなかにやっかいなお邪魔虫です。
richoo|2013.08.20/17:30

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する