396.jpgクロヒョウタンカスミカメPilophorus typicus。一見してアリそっくりのカメムシで、幼虫はとくにアリそのものにしか見えない。葉上でアブラムシやコナジラミなど、農作物を荒らす害虫を次々に襲い、鋭い針のような口吻で成敗してまわる。生きた農薬として、その方面ではよく研究されているようだ。

最近、訳あってこのカメムシの仲間が好きになった。想像以上に面白いグループである。

静岡にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/819-49021573

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する