406.jpgオオフトヒゲクサカゲロウItalochrysa nigrovenosa。黄色い体に青い瞳を持つ、美麗な大形クサカゲロウ。

かつて相当な珍種といわれていたらしいが、ここ10年くらいの間に突然各地で記録がよく出るようになった。少なくとも行きつけの山では、珍しくも何ともない。それどころか普通にいすぎるあまり、近年「これがそういう珍種だ」と人から聞くまで、俺はこれを羽化直後で色が付いていない普通種オオクサカゲロウNinetaの仲間と思いこんでいたほど。

405.jpg成虫は夏に発生し、秋口まで生き残る。夜間、森の中のあちこちの樹幹に特徴的な卵を生み付けていく。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/825-cac9b85e

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する