409.jpgコツノアリCarebara yamatonis。暖地の照葉樹林帯の林床によく見られる、極めて小型のアリ。申し訳程度の点目がかわいい。静岡にて。

ワーカーに大きいのと小さいのの2型があり、大きいのでも2mm、小さいのだと1mmくらいしかない。そのうえ動きも鈍いため、その気で探さないと目の前にいたとて気付くのは難しい。大きいのは腹にそこそこな量の液状餌をため込むことが出来、パンパンに膨らむと宝石のようで美しい。
コツノアリは日本産アリ類では屈指の極小アリだが、それでも最小ではない。南西諸島のヒメコツノアリC. hannyaのほうが、まだ小さい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/828-0eda43d3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する