221.jpgカマキリモドキ一種。タイにて。

多くの種類のカマキリモドキは、拡大して見ればカマキリそっくりだが、遠目にはハチに似ている。こいつは見た目の色彩が日本のチャイロスズメバチVespa dybowskiiにそっくりだが、こんな色彩のスズメバチがこいつの生息地に分布するかは分からない。少なくとも俺は見つけることが出来なかった。

222.jpg飛び立つ直前、大きく伸びをした。「さあ来い!」と身構えるよう。だいたいどこの国のカマキリモドキもそうだが、物体の裏に止まっている状態だと飛ばない事が多い。表にしてしまうと、あっという間に上空へと逃げ去る。

カマキリモドキ科の昆虫は、幼虫期の生態があまりよく分かっていない。しかし、分かっている種の多くは、クモの卵のうに寄生するようである。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/831-8a539eb2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する