477.jpgマレーシア、キャメロンハイランドの耕作地では至る所にみられるイエバエ科のハエ。同地では、どこもかしこもこの黒いハエだらけ。

キャメロンはマレーシア随一の農作物の生産地で、マレーシアの台所と言っても過言ではない。台のような形の高原なのだが、天辺の平らな部分は軒並み畑地として耕作されている。しかし、それだけ多くの農作物を育てるとなれば、当然物凄い量の肥料が必要になる。その肥料の一つとして使われるのが、エビの殻だ(篠永 2004)。

マレーシアを始めとして東南アジアでは、海沿いのマングローブ林を伐採して大規模なエビの養殖池を作っている。そこで育てられたエビは、日本などに多量に食用として輸出されている。しかし、むきエビの状態で輸出すると、外した多量の殻が産廃として出ることになる。そこで、それらを肥料として使うのだ。
キャメロンの畑地を車で走ると、何とも言えぬ腐臭が漂ってくることがよくある。それは大抵、畑に撒いたエビ殻の腐った臭いであろう。このエビ殻から、おぞましく大量のハエが発生することになる。直接まだ見たことはないが、ひどい場合は畑の畦そのものがハエのウジの群れになって、畦がモコモコ動くほどらしい(篠永 2004)。

キャメロンの畑がハエだらけなのには、日本人も少なからず原因の一端を担っていると言える。

参考文献:
篠永哲 (2004)ハエ 人と蠅の関係を追う。八坂書房、pp.209.

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/867-7a51e91e

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する