平頭11:50

565_2013121018200767d.jpgコミミズクPetalocephala discolor幼虫。偶然2匹が隣り合わせ。枝にピッタリ張り付いて擬装し、この状態で一冬を越す。影を一切作らないため、虫の輪郭を見定めがたい。

近所の森には比較的多く、各種ブナ科の枝に止まっている。当地では、中でもクリの枝に付いている頻度が高く、慣れればすぐに発見できるようになる。大木から突き出た若い小枝の、地面の側に張り付いていることが多いように思う。
566_201312101820114ee.jpg目つきはかなり鋭く、きつい。長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/945-98040f53

I wanna squeeze youってわけでもないでしょうが、
まるでバレンを遣って伸した版画を見てる様!
カモフラージュに最適な図柄の場所を択んで貼りついてますね、石の複雑な色合いと肌理を想わせますね、
アワフキもガンを飛ばしています。
瓜豆|2013.12.17/16:14
この形も、冬の間より天敵に見つからないように見つからないようにと、あまたの淘汰を受けた末にたどり着いたものなのでしょう。身近な林で普通に見られるので、探してみて下さい。
richoo|2013.12.17/18:58

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する